痛風 予防

痛風にも予防を心がけることは大切です。一度発症してしまうと、完治が難しいと言われる痛風の症状。特に、健康診断などで尿酸値が高めという結果が出たら、激しい痛みを経験する前に、まずは日頃から、痛風の予防を意識することです。
MENU

痛風を予防するための日常生活での注意点?

 

 

痛風にも予防を心がけることは大切です。一度発症してしまうと、完治が難しいと言われる痛風の症状

 

特に、健康診断などで尿酸値が高めという結果が出たら、激しい痛みを経験する前に、まずは日頃から、痛風の予防を意識することです。

 

 

 

痛風を予防するための、日常生活での注意点として挙げられるのは、まずは肥満の解消です。

 

痛風だけではなく、全ての生活習慣病に関わりますので、時間をかけて確実に減量しましょう。

 

この時に気をつけなければいけないのが、激しい運動は控えるということです。急に激しい運動をすると、身体の故障に繋がるだけでなく、減量への効果もあまり見込めません。

 

さらに、筋肉を使うと、尿酸の元となる物質が大量に出て、血液中の尿酸濃度があがってしまいます。これにより、逆に痛風の発症リスクを高めてしまいます。

 

 

 

また、大量の発汗も、尿の排出を抑え、尿酸の値を上げることになりますので、運動の前後には、特に意識して、水分の補給を十分に行うようにして下さい。

 

痛風を予防するための運動としておすすめなのは、ウォーキングなどの軽めの有酸素運動です。軽い有酸素運動は尿酸値も上げず、痛風の人に多い高血圧の対策にも有効です。

 

暴飲・暴食を避け、規則正しい生活をおくることが、痛風予防だけでなく、生活習慣病から自分の身を守るため、非常に重要だと言えます。

 

このページの先頭へ