痛風 対策

痛風対策の基本は食事と運動です。特に食事については、尿酸値を下げるために毎日の工夫が必要です。
MENU

痛風対策の基本は?【まとめ】

 

 

痛風対策の基本は食事と運動です。特に食事については、尿酸値を下げるために毎日の工夫が必要です。

 

総カロリー数を減らすこととプリン体をできるだけ避けることが大切で、色々な食材をバランスよく取り入れた食事を心がけるようにして下さい。

 

痛風の対策として第一に考えたいことが野菜不足の解消です。野菜にはアルカリ性のものが多いと言われ、酸性である尿酸を中和してくれます。また、低カロリーの食材で、必要なミネラルやビタミン類を取るためにも、豊富な野菜は食卓に欠かせません。

 

 

野菜とともにたくさん摂りたいのが、わかめや昆布などの海藻類です。海藻類はプリン体の含有量も低く、ミネラルが豊富ですから、痛風対策には最適な食材です。逆に肉類や加工食品などは、高カロリーのものが多いので、できるだけ量を減らすようにして、肉や魚介類を食べるときは、料理法にも気をつけるようにしましょう。

 

 

バランスの良い食生活とともにアルコールの摂取を減らし、ミネラルウォーターなどノンカロリーの水分を十分に補給するようにします。尿酸はためないようにするのと同時に、上手に排泄することが大切です。

 

スムーズな尿酸の排出が行われるように、一日2L以上は水分を摂るようにして下さい。痛風対策は、日常のちょっとした心がけを、億劫がらずに行うことが大切です。

このページの先頭へ