痛風 診断

痛風を診断する方法として、まずは血液検査と尿検査を行います。また、血清尿酸値測定が行われます。
MENU

痛風かどうかを診断する方法?

痛風,診断

 

 

痛風を診断する方法として、まずは血液検査と尿検査を行います。また、血清尿酸値測定が行われます。

 

血清には、病気に侵された細胞組織が血液中に放出する物質がふくまれており、それらの成分を分析することで、痛風の原因や進行具合を調べる事が出来ます。

 

 

尿酸クリアランス・クレアチニンクリアランス検査は、尿酸が増える原因と、腎機能を調べる検査です。

 

これによって、尿酸が過剰に作られ過ぎているのか、それとも排泄されない尿酸が尿酸値をあげているのかがわかり、適切な痛風の治療が行えます。

 

 

 

血液検査や尿検査の結果、尿酸の値が正常で、痛風の原因を確定するのが困難な場合に行われる痛風の診断方法に、関節液の採取があります。

 

これは、患部の関節に注射針を刺し、関節液を採取して、尿酸結晶の有無を調べる検査です。

 

しかし、関節の痛みに苦しんでいる患者にさらに苦痛を与えることになるため、最終的な手段として行われる検査です。

 

 

また、痛風診断基準に沿った検査のうちでも、痛風結節に尿酸結晶があるかを調べる検査は、初期の痛風患者には痛風結節は少ないために、あまり現実的ではありません。

 

実際の痛風の診断方法としては、血液や尿の検査と、診断基準に従った問診や触診が中心になるようです。

 

 

このページの先頭へ