痛風 ノンアルコールビール

健康志向が高まるなか、大手メーカーは「プリン体オフ」「カロリーオフ」などの謳い文句で新商品を出すようになりました。このなかでも痛風などの生活習慣病は怖い、でも大好きなビールは止められない、という人に人気を博しているのがノンアルコールビールです。
MENU

ノンアルコールビールなら痛風のリスクは減る?

痛風,ノンアルコールビール

 

 

健康志向が高まるなか、大手メーカーは「プリン体オフ」「カロリーオフ」などの謳い文句で新商品を出すようになりました。このなかでも痛風などの生活習慣病は怖い、でも大好きなビールは止められない、という人に人気を博しているのがノンアルコールビールです。

 

ノンアルコールビールとは、アルコール分が含まれない、または1%未満のアルコール分を含むノンアルコール飲料の一種で、ビール風味の発泡性炭酸飲料のことを指します。

 

ビールなどのプリン体を多く含むものを摂りすぎると痛風にかかるリスクが増える、という考えが広く知られるようになりましたが、ノンアルコールビールの中にはプリン体の含有率のカットを謳ったものもあり、飲んでも痛風にかかるリスクは軽減されるというイメージがあります。

 

 

しかし含有率が低いからといって、たくさん飲んでも影響が無いわけではありません。微量のアルコールを含むノンアルコールビールを飲みすぎると人によっては酔うこともあるほか、アルコールには尿酸値を上昇させるという作用があります。

 

全てのものには適量というものがあります。自身の健康状態と照らし合わせながら、ストレスを溜めることなく上手に生活に取り入れていくことが大切です。

このページの先頭へ