痛風 診療科

痛風の診療科には、内科、整形外科、泌尿器科リウマチ科、膠原病内科などがあると思います。初めての発作が起きて、痛風かどうかわからないと言う時は、内科にかかるのがいいと思います。
MENU

痛風の症状かどうかわからない時の診療科は?

 

 

痛風の診療科には、内科、整形外科、泌尿器科リウマチ科、膠原病内科などがあると思います。

 

初めての発作が起きて、痛風かどうかわからないと言う時は、内科にかかるのがいいと思います。家の近くに内科がない、というところはないと思いますからね。

 

 

痛風の発作は、まずその痛さが尋常ではないので、あれこれ迷って遠くの病院に行っているよりも、まずは近くの病院にかかって、その痛みを止めてもらうことが先決ですよね。痛みが止まらないことには、何も手につかないし仕事にも何にもならないことでしょうから。

 

適切な痛みどめの処置が行われると嘘のように痛みがおさまってしまう人もいますし数日は痛みが続く人もいるようです。

 

 

 

でも、痛みが治まったからと言って病院に行くのをやめてはいけませんよ。痛風治療は、痛みが治まってから始まるのですから。

 

尿酸コントロールや合併症の予防など、痛風の治療には根気と時間が必要ですから、その後の医師選びは慎重に行うことも大切かも知れませんね。

 

痛みが治まったら、通える範囲内の場所に痛風の専門科やクリニックがないか探してみるのもいいでしょう。より専門的な診療をしてもらえれば安心して治療を続けることもできますしね。

 

 

とにかく、痛風かな、と思ったら、迷わず、そして我慢せずに病院にかかることをおすすめします。

 

自分では痛風の症状かなと思っても、実は違う病気だったということもあり得ますから。

 

このページの先頭へ