痛風 食べ物

痛風を食べ物から改善するには、尿酸値を下げ、溜まった尿酸を排出できるような食品を積極的に摂る必要があります。プリン体の制限も忘れてはなりません。
MENU

痛風を食べ物から改善するには?

 

 

痛風を食べ物から改善するには、尿酸値を下げ、溜まった尿酸を排出できるような食品を積極的に摂る必要があります。

 

プリン体の制限も忘れてはなりません。プリン体を多く含む食品を覚えて、日頃の食生活で注意するのはもちろん、調理の仕方や食べ方にも気をつけて下さい。

 

プリン体の多い食品には、レバー類や魚介類、アルコールなどがありますが、煮干しやカツオ節、干しシイタケなどにもプリン体が多く含まれるので注意が必要です。また、野菜の中にもほうれん草やブロッコリー、カリフラワーなど、プリン体の多いものがあります。これらは食べ方に工夫しましょう。

 

 

痛風の食べ物といっても特別な物というより、暴飲、暴食を避け、色々な食材をバランス良く食べるように心がけることは、普通の生活習慣病を予防するための食事と大きく変わるものではありません。

 

魚、大豆などの良質のたんぱく質を摂り、尿酸の排出を促す野菜や海藻類、きのこを摂る、動物性脂肪やアルコールを控えるなど、規則正しい食生活をおくるための努力が欠かせません。

 

痛風は完治しない病気といわれますが、食べ物で痛風の症状を緩和させたり、合併症を防ぐことは十分可能です。

 

食べ物で痛風を改善していくには、あきらめず、気長に、根気よく、毎日の食卓の改善から取り組んでいくことが大切です。

 

 

 

このページの先頭へ